スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GUNSLINGER GIRL

2010年08月28日 00:41

さて夏アニメも後半に入って、皆さん楽しんでいますか?
私はほとんど3話どまりで焦っているよ!ハハッ

今日はアニメ消化に力入れようかと思いましたが・・・。
もう面倒になってきたので・・・

GUNSLINGERGIRL1

がらぐたさんオヌヌメのGUNSLINGER GIRLを見ることにしました!
はい、消化できなくなったら逃げる。いつものパターンですね。ちゃんと自覚してるよ!
ちなみにまだ2話しか観ていません。


あらすじ
「少女に与えられたのは、大きな銃と小さな幸せ。」 単行本1巻帯

物語の舞台は架空の現代イタリアを中心としたヨーロッパ。イタリアは国内に地域間対立や思想対立を抱え、テロや暗殺などの暴力活動が絶えなかった。イタリア政府・首相府は、表向きには障害者への様々な支援を行う組織として公益法人『社会福祉公社』を設立する。しかしその実態は、身体に障害を持った少女たちを集め、身体の改造と洗脳を行い反政府組織に対する暗殺をはじめとした超法規活動を行わせる影の組織だった。少女たちは、「義体」と呼ばれる人工の肉体と引き換えに、時に危険すら顧みられることなく銃を手に戦う運命を背負わされた。

まだ幼い女の子たちが銃を持って戦っているのですよ!
ある子は殺人事件に巻き込まれて、改造と洗脳させられ、目覚めたらいきなり射撃訓練・・・
なんてスパルタ教育や!

ダークな雰囲気が漂う出だしでした。
ずっとこんな感じなのかなと思っていましたが、ところがどっこい。
記憶も、家族も無くなったエッタに愛情をそそぐジョゼの二人の姿を見ていて心が暖かくなります。
少しずつ二人に変化が起きているのも見どころ。
あれ・・・さっきまで重い話じゃなかったけ・・・?
なんでこんなに和んでいるんだ・・・?


ガンスリは重くて、ダークなイメージを持っていましたが、そんなことなかったYO!
トリエラたちが家族みたいでいいねぇ・・・。
トリエラかわいいよトリエラぁ・・・。
えへへへ・・・。


まだ2話しか観てないけど、大好きな作品になりそうです
名作の香りがぷんぷんするじぇ・・・。
「少女に与えられたのは、大きな銃と小さな幸せ。」のキャッチコピーも良いセンスしてるなぁ・・・。


GUNSLINGER GIRL 1 (電撃コミックス)GUNSLINGER GIRL 1 (電撃コミックス)
(2002/11)
相田 裕

商品詳細を見る

今度一気に原作買ってくるわ!



コメント

  1. がらぐだ | URL | -

    Re: GUNSLINGER GIRL

    ふいんきっあれ(r)とか話のまとまり方からも非常に良い作品ですよ!
    トリエラ派とは仲間ですな!みんなかわいいんですけどねw

    原作も良いのでおススメですよ^^

  2. 鳥吉 | URL | -

    返信!

    >がらぐださん
    1話1話ちゃんとまとまっていて好きなんですよね!
    個人的にはやっぱりトリエラ回のクリスマスの話が好きだったり…w

    さっそく原作買いましたよ!
    4巻だけ売り切れだったので3巻しか買えませんでした…。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://torikitinohibi.blog55.fc2.com/tb.php/413-6aa6dbbd
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。