スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある科学の超電磁砲 第3話 「ねらわれた常盤台」感想

2009年10月17日 22:46


シリアスな話かと思いきや、ギャグ回だったりと・・・。
少し混乱しそうな回でしたw

今回は佐天に悲劇が起きます・・・!
まあそんなことより私は、ジャッジメントの先輩が気になるんですがね。誰か詳細、詳細を!


続きは とある科学の超電磁砲 第3話 「ねらわれた常盤台」感想です。

常盤台の生徒だけを襲う事件が連続して起こっている。
前回は黒子が暴走するギャグ回だったので、シリアスな展開が久しぶりに感じるw

佐天は運悪く、常盤台の制服を借りて着ていたので、犯人にターゲットにされてしまいました。



襲われた生徒は酷いことになっていると言っていましたが・・・。
眉毛のことかよっ(;゚ Д゚)
犯人にボコボコにされたのかと焦ったじゃないか!
でもまだそれぐらいの程度でよかったですわ。

これで光子が眉毛を見せないようにしていたことに納得ですw
あの子はプライドが高そうですからねww

さて女は顔が命です。
眉毛をあんなことにされたら黙っていられませんよね、佐天さん?
ということで佐天さんの逆襲が始まるよ!



初春をお菓子で釣らせるなんて卑怯なw
でもやる気がでたことはいいことだ!
それにしても初春がパソコンにさわると目つきが変わりますね。
しかも素早く処理していくのはすごいとしか・・・。
レベル1なのにここまでとは参った!
初春はやればできる子ですね!



事件はみんなの力を合わせて解決できましたね。
美琴は電撃を当てられても効き目はないのか・・・そうですよね・・・・。

犯人は何故、常盤台の生徒だけを狙い、そして眉毛にイタズラするのか・・・。
それは自分の特徴的な眉毛が原因で失恋したということでした。
しかも付き合っていた彼は常盤台の人と付きあってしまう・・・。
それは確かにショックを受けるが・・・だからと言って
重福省帆 「この世の眉毛全てが憎い!だからみんな面白い眉毛にしようと思ったのよ!」
えぇぇ・・・なんでその方向へいく・・・。
迷惑すぎるわ・・・。

まあ、彼女は「変じゃないよ」と佐天の言葉で立ちなおしましたし。
しかも新たな恋も見つけたので良かったんじゃないですか(棒読み)

でもまだ一件落着ではありません。
重福省帆はレベル2なのに、それ以上の力がありました・・・。
そのことが気になるところですね。




初春 「佐天さんだけずるいです」
この時の拗ねた初春がかわいかったw
声のトーンが違うので少しびっくりしましたね。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://torikitinohibi.blog55.fc2.com/tb.php/226-8416eccc
    この記事へのトラックバック

    (アニメ感想) とある科学の超電磁砲 第3話 「ねらわれた常磐台」

    only my railgun <初回限定盤>TVアニメ「とある科学の超電磁砲」OPテーマクチコミを見る 学園都市の一角。常盤台中学をはじめとする、5つのお嬢様学校が集まる「学舎の園(まなびやのその)」。外界から隔絶されたこの区域で、常盤台中学の生徒だけを狙っ...

    とある科学の超電磁砲 3話

    とある科学の超電磁砲の第3話は、「学舎の園」で起こる常盤台の生徒が狙われる事件。被害者は常盤台の生徒でない涙子。

    とある科学の超電磁砲 第3話「ねらわれた常盤台」

    今回も非常に面白かったです。 シリアス&ミステリーにギャグを入れていくタイミングとセンスが素晴らしい。 基本路線は1話完結で一事件を扱うのかな。 このあとも出番あるんでしょうが、毎回のゲストキャラの声優陣が豪華! 今回の事件のメイン被害者、光子を演じ...



    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。