スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛みがある方が生きている気がする

2009年07月25日 13:09


「ストレンヂア 無皇刃譚」を見ました。

ストレンヂア 無皇刃譚とは
タイトルの『ストレンヂア』には、戦国時代に刀を封印している「奇妙な男」と、「異邦人」という二つの意味がこめられており、立身出世、大きな野望、そして家族という枠組みから外れてしまった者たちの生き様を題名に託しているという。企画当初からあった「男と少年の物語」という要素が物語の芯にもなっている。

劇場版『カウボーイビバップ 天国の扉』(2001年)等での人物アクションを中心としたアニメートに定評のあるアニメーター・演出家の安藤真裕が初監督を務めた劇場映画。制作は映画『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』(2005年公開)や数多くの人気テレビアニメシリーズを手掛けるボンズが担当。主役の声優には、声優を初挑戦となる長瀬智也と知念侑李、そのほか竹中直人等の芸能人を起用した事で話題となった。




だいぶ前にCMを見て気になっていたんですが、なかなか見る機会がなかったんですよね。


続きは感想(ネタばれあり)


なんか聞いたことのない声だなと思っていたら・・・
長 瀬 智 也 か
声優は初めてのくせに演技うまいじゃないかw
ただのイケメンじゃないんですね。
この作品には他にも芸能人が声優をやっている人がいますが、違和感はあまり感じませんでした。
スタッフロールで気づき「中の人は芸能人が演じていたのかΣ(゚Д゚)」と驚きましたよw
やっぱり竹中さんはさすがだなと思いました。


主人公達以外の人物にも、ちゃんとスポットを当てていてよかった。
主には絶対的な忠誠を持つ者・・・
自分の野望のために進む者・・・
ただ強き者と戦いを求む者・・・
それぞれの生き様が物語を盛り上げてくれた・・・かな。


そして一番褒めたいところが作画!!
さすが作画には定評のあるボンズ!
最初から鳥肌立ってしまったじゃないか!
作画は本当に丁寧な作りでした。
アクションシーンは激しく、爽快感ある動きで感動してしまった。


だがもったいないのもある。
ストーリーの構成。
なんか中途半端に終わったな・・・。
疑問が残りながらEDを見てましたw
もう少し不老不死、名無しの赤毛の説明とか昔の名無しの話が欲しかった。



でもまぁ、わんこの飛丸がかわいかったので許す。
こんなにも主人に忠義があるなんて羨ましすぎる!


よい点もあり悪い点もあるストレンヂアですが、良作じゃないでしょうか。
時代劇でアクション好きな私には良かったです!
ストーリーにはちょっと文句を言いたくなりますが、作画はもう神としか言えないです。
作画重視の方にはオススメです!



コメント

  1. ひろこんぐ | URL | -

    神キター

    音楽が あたしの好きな作曲家・佐藤直紀さんだー!
    飛丸がリアルでかわいいですね~。
    いいなー、観たいっす(^◇^)

  2. 鳥吉 | URL | -

    コメントのお返事

    >ひろこんぐさん
    この記事では書いてありませんでしたが、音楽がものすごーくいいのですよ!
    さすが佐藤直紀さんです!

    飛丸はもうありえないかわいさですよ。
    飛丸のシーンを何度も見てしまうぐらいですw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://torikitinohibi.blog55.fc2.com/tb.php/157-b6268ee3
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。